起業のことを思い立ったら、ノートに書いていく癖を付けよう。

「起業したい」と思ったら、まず、その起業計画をノートなどに書き留めておくことをお勧めします。

様式や決まり事などは、なく、例え、現実味のない計画であっても、その書き留めた計画が、

結構、役に立ちます。何より書き留めることで、起業の流れや事業の形が見えてくることも

あります。

また、大雑把な数字でもいいので、開業するまでに必要なお金の流れや開業してからの経費や

収入を3年分ほど計算してみてください。今は、ネットで届出などの費用も調べやすくなって

いるので、より正確な数字がわかったときに、訂正すればいいのです。

そして、起業相談を利用する場合は、そのノートを持参しましょう。口頭で説明するより、

ノートに書き留めた内容を見ることで、どのような事業で、どんな運営をしたいのか、などが、

コンサルタントに伝わりやすくなります。

「事業計画書」の書き方や手続きがわからないと、よく、起業相談の入り口で躓くケースが後を

絶ちませんが、「起業したい」と思ったときから、書き留めたノートがあれば、その心配は、

ありません。このノートこそが、「事業計画書」の下書きになるのです。

さらに、このノートを通じ、起業相談では、より的確な指導を受けることができます。

思い立ったら吉日という言葉がありますが、起業のことを思い立ったら、ノートというような

癖を付けましょう。この行動だけで、起業という希望が現実味を帯びてきます。

 

<PR>

工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|GetMoney|内職 アルバイト|心の童話|英語上達の秘訣|ショッピングカート|お家の見直ししま専科|女性の人生|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|生命保険の選び方|JALカード|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com||初値予想|